バランローズクリームシャンプーの口コミを解析。くせ毛でも効果あり!

バランローズクリームシャンプーは、くせ毛でも効果ありなのかを口コミから解析してみました。くせ毛の人がバランローズクリームシャンプーで感じた効果は口コミを見ればわかります!

前髪のうねりについて

前髪の生え際のうねりが嫌!パーマやカット、髪型で対策

更新日:

前髪の生え際にうねりが出てしまい、コンプレックスに感じている人もいるでしょう。

生え際は、意外とチラ見えします。

それに、生え際の部分がうねっていることで、前髪全体にまでうねりが出てきてしまうこともあります。

実は、前髪や生え際にうねりが出てしまうのは、元々の毛質に強い癖がある可能性があります。

ロングヘアのように長く伸ばしている人こそ、長い部分はあまり癖が気にならない代わりに、短い前髪や生え際のうねりが、ものすごく気になってしまうこともありますよね。

前髪のうねり、生え際のうねりは、どのようにカバーすればいいのでしょうか?

パーマやカットで前髪のうねり対策

後ろ髪がうねって大変なときは、思い切ってカットすることで解決することもあります。

ですが、前髪や生え際は、もともと短い部分だからカットしようにもできないことがありますよね。

そこで、パーマをかけてしまうのも一つの方法です。

・パーマをかける

後ろ髪はそこまでうねっていないのに、前髪の生え際のうねりが気になるようなときは、全体にパーマをかけてしまえば前髪のうねりが気になることはありません。

うまく馴染んでしまうでしょう。

決して、前髪のうねりが直ったわけではありませんが、目の錯覚で、前髪の生え際のうねりだけ目立つといったことがありません。

むしろパーマをかけて、よりおしゃれに見えることもあります。

・ブローをする

うねりのうち、80%はブローで対策できます。

前髪のうねりは、髪の毛を乾かすときや寝ぐせを直したいとき、ブローで解決することができます。

ただし、ブローにも失敗してしまうと、前髪がうねったままになってしまいます。

もしブローをしても「どうしても前髪のうねりが改善されない!」といった場合、おでこの内側にある細かいくせ毛を切ってしまいましょう。

内側にも、実は細かい毛がたくさん生えています。

スッキリと切ってしまうことで内側に空間が生まれて、汗や皮脂の影響を受けにくくなります。

前髪のうねりをカバーできる髪型

パーマをかけたら失敗してしまった、あるいはもともとクセ毛が強くていつもうねっている…
という人は、うねりをカバーできるような髪型にすることで対処できます。

ヘアスタイルの中には、クセを強みに生かせるような髪型もあるんです。

中途半端な髪型にしていると、うねりが余計に目立ってしまいまいます。

そのため、うまくカバーできる以下のようなヘアスタイルにしてみるといいでしょう。

・ロングヘアにレイヤーを入れる

髪が長いと、それだけうねりも誤魔化せます。

さらに、レイヤーを入れることによって、うねりも毛によく馴染んで自然に見えます。

・ベリーショート

うねりをカバーしたければ、思い切って大胆にショートヘアにするのがおすすめです。

ベリーショートは勇気がいりますが、癖毛さんにとてもおすすめです。

うねりが多少出ていたとしても、ニュアンスにして可愛くそのうねりを生かせるのです。

ベリーショートでストレートだと殺風景で、何となく物足りない気もします。

ですが、うねりがあれば遊び心を感じて、ベリーショートがグンと女っぽく華やかになります。

お手本にしたいのは、アナウンサーの夏目ミクさんのようなベリーショートヘアです。
トップにボリュームを持ってくれば、小顔効果も得られます。

-前髪のうねりについて

Copyright© バランローズクリームシャンプーの口コミを解析。くせ毛でも効果あり! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.